dictionary

基礎知識から専門家のスラング、トリビアまで、
濃厚抽出、コーヒー用語エトセトラ。

  • 粉砕

    • 粗挽き

      フレンチプレスなど、コーヒーの粉とお湯の接触時間が長い場合は粗挽きが向いている。

      粗挽き

    • 過抽出

      お湯へのコーヒーの成分移行をし過ぎている状態。後味が乾き、苦味の強い味わいになる。

      過抽出

    • グラインダー

      煎り豆を、抽出されやすいサイズに粉砕する機械。ミルとも呼ばれる。

      グラインダー

    • 極細挽き

      エスプレッソマシンで用いる粒度。グラニュー糖よりも細かいサイズ。

      極細挽き

    • コニカルカッター

      回転する円錐状の刃と、その周りの固定された刃の間にコーヒー豆が入り粉砕されていく。

      コニカルカッター

    • 浸漬抽出

      粉砕したコーヒーを、お湯に直接浸しコーヒーの成分を抽出させる方法。

      浸漬抽出

    • 中挽き

      ハンドドリップの抽出に向いている。深煎りのコーヒーを使う場合には中挽が向いている。

      中挽き

    • 中細挽き

      中挽より、やや細かくハンドドリップの抽出に向いている。小川珈琲ではハンドドリップには中細挽きのコーヒーを使っている。

      中細挽き

    • ディスク型

      円盤型。

      ディスク型

    • 微粉

      コーヒー豆を、ミルなどで挽いた際に生じたコントロールしきれない、極小さな粉。細かすぎるため、苦味やザラツキの原因になる。

      微粉

    • フラットカッター

      平らな形状の刃が2枚、向かい合って高速回転し、刃の間にコーヒー豆が入り粉砕されていく。

      フラットカッター

    • ブレードグラインダー

      回転する羽根の打撃により粉砕されていく。粒度のコントロールはできない。

      ブレードグラインダー

    • 細挽き

      挽いた粉が細かく、短時間で味が抽出される。コールドブリューなど、低温抽出のものに向いている。小川コーヒーでは、エアロプレスのアメリカーノ抽出では細挽きのコーヒーを使っている。

      細挽き

    • 未抽出

      お湯へのコーヒーの成分移行が十分ではない状態。コクがなく、薄い(弱い)味わいになる。

      未抽出

    • ミル

      コーヒー豆を粉状に挽く機械のこと。グラインダーとも呼ばれる。

      ミル

    • 蒸らし

      ハンドドリップの1回目の注ぎから、2回目の注ぎを待つ時間をことを指す。「蒸らす」ことで、お湯へのコーヒーの成分移行がスムーズにおこなうことができる。

      蒸らし

    • 粒形

      粉砕された、コーヒーの粉の形状のこと。

      粒形

    • 粒度

      コーヒー豆を挽いた後の、粒のサイズの度合い。

      粒度

    • 粒度分布表

      グラインダーの性能を示す表。1回のグラインドで粒度の違いとその割合がどれくらいをグラフ化したもの。性能の良いグラインダーは微粉と粗すぎる粉の割合が少なく、狙った粒度の割合が多くなり、尖ったグラフになる。

      粒度分布表

    • ロールグラインダー

      平行た2本の筒状のロールの間にコーヒーが入り込み粉砕されている。ロールは全面が刃がついている。主に工業用に用いられる。

      ロールグラインダー