プレスリリース

2020.12.16

京都 小川珈琲 SDGs宣言「一杯のコーヒーからできること」第21回グリーン購入大賞で大賞を受賞

この度、小川珈琲株式会社 (本社:京都市右京区、代表取締役社長:小川 秀明)は、11月25日(水)第21回グリーン購入大賞 中小企業部門において大賞を受賞(受賞内容:一杯のコーヒーからできること 京都小川珈琲 SDGs宣言)。12月11日(金)JPタワー ホール&カンファレンスにて執り行われた表彰式に参加いたしました。

第21回グリーン購入大賞 表彰式の様子 ※記念撮影時のみマスクを外しております。

■グリーン購入大賞とは

環境に配慮した製品やサービスを環境負荷低減に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度。第19 回(2018年度)より、社会における持続可能な調達の促進を図るために、SDGs の目標達成に寄与する取り組みも応募対象とし、持続可能な調達を通じたグリーン市場の拡大への貢献という観点から審査・評価を実施されています。

※グリーン購入ネットワーク(GPN)についてはこちら:https://www.gpn.jp

■グリーン購入ネットワーク(GPN)による評価コメント

日本国内で初期の頃からフェアトレードや有機JAS認証コーヒーなど、生産段階での環境面・社会面に配慮したコーヒー豆の調達に取り組み、それらの商品化、普及啓発に積極的に取り組んでいる。また、消費者と世界(生産者)をつなぐこの事業は、SDGsを経営に実装した取り組みとして高く評価できる。

■京都 小川珈琲 SDGs宣言「一杯のコーヒーからできること」

小川珈琲は「お客様においしいコーヒーを提供し続ける」使命のため、地球の自然環境や持続可能な社会を保つ活動にも目を向けています。これまでさまざまな認証コーヒーの取り扱いや、共感できる活動に賛同・参加し、世界の共通のコトバとして伝えてきました。それらをSDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)にあてはめ、2018年8月にSDGs宣言に至りました。また、2020年9月に小川珈琲グループのSDGs活動の更なる浸透と推進を目的とし「小川珈琲SDGs推進委員会」を発足。

 

生産国と消費国を繋ぎ、生産者の思いを伝えることは持続可能なコーヒーサプライチェーンを築くことになり、珈琲文化を未来に繋げられることだと考えています。これからも、「一杯のコーヒーからできること」として、ここ京都を中心に全国・世界へと活動を広げ、継続して取り組んでまいります。

詳しくは【京都 小川珈琲 SDGs宣言】をご覧ください。▶https://www.oc-ogawa.co.jp/sdgs/

■会社概要

会社名:
小川珈琲株式会社
本社所在地:
〒615-0802 京都市右京区西京極北庄境町75番地
代表:
代表取締役社長 小川 秀明
事業内容:
コーヒーの製造および紅茶、コーヒー器具、輸入食品喫茶材料の卸、販売

■本リリースに関するお問い合わせ

小川珈琲株式会社 企画開発課
担当 三輪・宮武

TEL:
075-313-7333
FAX:
075-321-5609
E-mail:
info@oc-ogawa.co.jp