「有機JAS認証コーヒー」の取扱い

小川珈琲ではいつまでも美味しいコーヒーを皆様にお届けし続けるために、
素材の吟味はもちろん、持続可能なコーヒー栽培環境づくりにも取り組んでいます。


有機コーヒーは、化学的に合成された農薬や肥料、遺伝子組換えなどに頼らず、自然の力を精一杯活かして育てられています。土壌など環境への負担が軽減されるだけでなく、薬品による健康への影響が少ないので、農園で働く生産者にもやさしい農業の方法です。農園や製造工場などでは、ルールに基づいてきちんと生産されているかどうか、登録認証機関により、毎年検査が行われています。こうして厳しい基準をクリアした食品だけに「有機JASマーク」の表示が認められています。

SDGsとの関連性

  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう

詳細は下記をご確認ください。

2 飢餓をゼロに

目標2の詳細はこちら

  • 地域の気候風土に根差した食文化を維持。
  • モノカルチャー経済に起因する飢餓リスクを低減。
3 すべての人に健康と福祉を

目標3の詳細はこちら

  • 化学物質を極力避ける生産・加工法ですべての生物の健康と福祉に貢献。
6 安全な水とトイレを世界中に

目標6の詳細はこちら

  • 河川や地下水、海洋の生態系を維持・保全。
12 つくる責任 つかう責任

目標12の詳細はこちら

  • 持続可能な生産方式
13 気候変動に具体的な対策を

目標13の詳細はこちら

  • 自然循環機能の活用
  • 温室効果ガスの排出抑制
15 陸の豊かさも守ろう

目標15の詳細はこちら

  • 環境への負荷を低減
  • 農薬の不使用