スペシャルティコーヒーブレンドシリーズで使用しているコーヒー豆

スペシャルティコーヒーブレンドシリーズでは下記の生豆生産国のコーヒーを使用。
※使用する可能性のある生産地、農園名を記載しています。

コスタリカコスタリカ(サンタルシア農園)

太平洋とカリブ海に挟まれた中米南部の国。コスタリカの主なコーヒー生産地の1つ、ウエストバレー地区のサンタルシア農園のコーヒー豆を使用。標高1700~1750mに位置する農園で、中でもイエローハニー製法の豆だけを使用しています。

【この国の豆を使用しているコーヒー】

スペシャルティコーヒー ブレンド002
スペシャルティコーヒー ブレンド005
スペシャルティコーヒー ブレンド009

ブラジルブラジル(セルタオジーニョ農園)

南米大陸で最大の面積を誇り、世界第1のコーヒー生産・輸出国。スルデミナスエリアのセルタオジーニョ農園のコーヒー豆を使用。平均標高1150mに位置する農園で、中でもパルプドナチュラルのイエローブルボンだけを使用しています。

【この国の豆を使用しているコーヒー】

スペシャルティコーヒー ブレンド002
スペシャルティコーヒー ブレンド005
スペシャルティコーヒー クリスマスブレンド

エルサルバドルエルサルバドル(ブエノスアイレス農園など)

中米中部に位置し、カリブ海を除いた中米大陸で最も面積の小さい国。当社と長年信頼関係のあるアイダさんが選んだ、標高1400m以上の農園のコーヒーを使用しています。

写真:ロスアルペス農園

【この国の豆を使用しているコーヒー】

スペシャルティコーヒー ブレンド002
スペシャルティコーヒー ブレンド009

コロンビアコロンビア(クマラル農園)

南米大陸北端の国。キンディオ県セビージャ地域に位置する、クマラル農園のコーヒー豆を使用。平均標高1450mに位置する農園で、栽培履歴の記録、手摘みの収穫など全ての過程で行き届いた管理を行っています。

【この国の豆を使用しているコーヒー】

スペシャルティコーヒー ブレンド009

エチオピアエチオピア(オロミア農協など)

アフリカ大陸の北東に位置する内陸国。エチオピアのコーヒーの中でも高品質を誇ると言われるシダモのイルガチェフェエリアにある農協のフェアトレード認証・有機JAS認証のウォッシュドのコーヒーだけを使用。

写真:イルガチェフ地域の農園

【この国の豆を使用しているコーヒー】

スペシャルティコーヒー ブレンド005
スペシャルティコーヒー クリスマスブレンド

パナマパナマ(ドンペペ農園)

中米南部、コスタリカとコロンビアの間に位置する、北アメリカ最南端の共和国。チリキ県ボケテ地区ドンペペ農園で栽培されたコーヒー豆を使用。標高1500~1700mに位置する農園で中でもハニー製法のブルボンだけを使用しています。

【この国の豆を使用しているコーヒー】

スペシャルティコーヒー クリスマスブレンド