ARK-OGAWA

ARK-OGAWA。それは、小川珈琲専用コーヒー豆: ARK-OGAWA   Exclusive Beans for Ogawa Coffee

コーヒーの持つ本物の味わいを追求して、それをお届けする。そのために小川珈琲はコーヒー生産国とのつながりを大事にしています。お互いが納得いくまで追求し合いながら育てられた生豆を、コーヒー鑑定士がTPAテストを行い、独自の基準を満たした生豆だけをARK-OGAWAの名前がついた小川珈琲専用豆として使用しています。

TPAテスト(生豆選び)*3回にわたる味覚テスト

■ 初収穫時(Type Sample)
■ 船積み時(Pre-Shipment Sample)
■ 日本到着時(Actual Sample)

ARK-OGAWAの生産地

ARK-OGAWAの生産地情報です。
安定した味わいをお届けするため、生産地と定期的なコミュニケーションを取り、品質を重視したコーヒーづくりを行っています。
*使用する可能性のある生産地及び、生産者情報です。

ブラジルブラジルBrazil

広大なセラードエリアと、山岳地域のモジアナ・スルデミナスエリアのコーヒー豆を使用しています。

地図

セラードエリア

ベレダ農園、バウ農園、ダテーラ農園など
安定した味わいのブレンドを作るためには安定したコーヒー豆の確保が必要です。
セラード地域の広大なコーヒー農園で作られたコーヒー豆はブラジルらしいやわらかい香りが特徴です。

モジアナ・スルデミナスエリア

イポメイヤ農園、モンテアレグレ農園など
モジアナ・スルデミナスエリアのコーヒーは山岳地域のため寒暖差も大きく、厳しい環境で育ちます。しっかりとした酸味が特徴です。

コロンビアコロンビアColombia

コロンビア中部、南部エリアのコーヒー豆を使用しています。

地図

コロンビア中部エリア

サラミナ農協指定農園からの選抜、クマラル農園、マジョルカ農園など
コロンビア中部のカルダス県、キンディオ県、バジェ・デル・カウカ県のコーヒー豆を使用。酸味、香り、甘みともにやわらかい印象があるコーヒー豆を使用しています。

コロンビア南部エリア

サンイシドロのエリア指定農園グループ、ウィラのエリア指定農園グループ、カウカのエリア指定農園グループなど
コロンビア南部のウィラ県、カウカ県のコーヒー豆を使用。このエリアのコーヒー豆は、良質な酸味を持ち、しっかりとしたボディ感があります。

メキシコメキシコMexico

オアハカ州、ベラクルス州で栽培されたコーヒー豆を使用しています。

地図

オアハカ州の5〜6農園、ベラクルス州カフェタル地区の3〜5農園のコーヒー豆を使用しています。

グアテマラグアテマラGuatemala

ウエウエテナンゴ県のコーヒー豆を使用しています。

地図

エルインヘルト ウノ農園のコーヒー豆を使用しています。

エチオピアエチオピアEthiopia

エチオピア シダモ グジ地区で栽培されたコーヒー豆を使用しています。

地図

シダモ グジ地区シャキッソ村 タデGG農園のコーヒーを使用しています。