小川珈琲店 有機珈琲 フェアトレードモカブレンド

小川珈琲店 有機珈琲 フェアトレードモカブレンド

香り高く爽やかな味わい

味わいマトリックス

170g 粉:中細挽 購入する

京都 西京極 小川珈琲店 〜 香りたつ伝統 上質の味わい 〜

小川珈琲は1952年創業。
コーヒー専門店としてコーヒー文化を発信すると共に、お客様からの厳しいニーズや多様性にお応えしてきました。これからも、より身近で豊かなコーヒー生活を提案し、珈琲職人が磨きあげた味と香りをお届けしていきます。

コーヒー生産国、焙煎度合い、ブレンド内容

有機エチオピア(中煎)Organic Ethiopia Medium Roast 55%
有機グアテマラ(中煎)Organic Guatemala Medium Roast 45%

【コーヒー豆情報】

  • 有機エチオピア・・・エチオピア南部シダモ地方イルガチェフェ地区の国際フェアトレード認証・有機コーヒー豆を使用。(オロミア農協など)
  • 有機グアテマラ・・・グアテマラ西部に位置するウエウエテナンゴ地区の国際フェアトレード認証・有機コーヒー豆を使用。(アソバグリ農協、チョフスニル農協など)

有機JAS認証コーヒー

有機コーヒーは、有機肥料による土作りを収穫前の3年以上行い、有機JAS認定を受けた農園で栽培されます。生産国から輸入された有機栽培のコーヒー生豆は、生産から出荷までの工程管理が徹底された、有機JAS認定の工場で焙煎・包装され、安心で安全な「有機コーヒー」として販売されます。

有機JAS制度のしくみ
有機コーヒーを生産する農場や製造工場などでは、ルールに基づいてきちんと生産されているかどうか、登録認定機関により毎年検査が行われます。こうして厳しい基準をクリアした食品だけに「有機JASマーク」の表示が認められています。

フェアトレード認証コーヒー

フェアトレードは、生産者が生活を維持できる価格で取引を行い、立場の弱い人々の自立を支援する貿易活動のことで「公平貿易」と呼ばれています。このような試みが1960年代にヨーロッパから始まり、世界中に広まりつつあります。

国際フェアトレード認証ラベル
国際フェアトレード認証ラベルは国際的組織であるFLO(Fairtrade Labelling Organizations International)が、フェアトレード製品であることを保証するためのマークです。FLOでは認証基準を設け、フェアトレードの対象となる生産者の登録や監査を行っています。