小川珈琲ラテアート教本発行のご案内

2014年4月30日にラテアート教本「The Handbook of Latte art」(旭屋出版発行)を発売致しました。



タイトル:The Handbook of Latte Art
(旭屋出版MOOK)
発行:株式会社旭屋出版
著者:宇田吉範
装丁:変形B5
定価:2,500円 (税別)

■本書の内容
プロローグ
第1章 美味しいカプチーノのために
第2章 ハイクオリティーのエスプレッソ
第3章 クリーミーで美味しいフォームドミルク
第4章 注ぎ方のテクニック
第5章 小川珈琲「WLAC」の軌跡
エピローグ

エスプレッソに泡立てた牛乳を注ぎ込むことでカップの表面に絵や模様が浮かび上がるラテアート。

本書でご紹介する内容は小川珈琲がこれまで10年あまり国内外の大会で取り組んできた世界に通じる「エスプレッソ」「ラテアート」を、過去世界チャンピオン2人を育てたバリスタトレーナー宇田 吉範が著述。一般的なラテアート本とは異なる視点で、考察・研究した内容をこの一冊に集約。

美味しさ、美しさを裏付けるエスプレッソの抽出、ラテアートのポイント等様々な技術やトレーニングポイントを多彩な写真と論理的な説明で詳細にまとめました。

和文・英文表記で構成された本書は、高いレベルを目指す世界のバリスタに向けて、まさに「世界のバリスタたちのハンドブック」となるでしょう。


著者メッセージ

 ラテアートは、エスプレッソにフォームドミルクを注ぎ入れ、美しい柄を表面に描く“芸術”です。ラテアートをするにあたり、決して忘れてはいけないことがあります。 ラテアートは、コーヒーのアレンジドリンク、すなわちデザインカプチーノです。ラテアートは美味しいドリンクである必要があります。注ぐテクニックや絵柄ばかりに注力するのではなく、いつも「美味しいコーヒーを提供する」ことを念頭に置くようにしてください。
 そして、バリスタはサービスマンです。美味しいコーヒーを抽出できるように努力すると同時に、お客様に最高のホスピタリティーを提供することにも努力を惜しまないでください。(本文より抜粋)

著者
宇田吉範(うだ よしのり)
小川珈琲株式会社 取締役 生産開発本部長、兼、株式会社小川珈琲クリエイツ 統括本部長。
1993年小川珈琲入社。焙煎、生産管理、営業、商品開発を歴任する。
2002年当時日本で新しい潮流を生んだエスプレッソを学ぶため、イタリアを訪問。小川珈琲におけるエスプレッソのノウハウを持つ先駆者となり、生豆選定、焙煎を行い、バリスタトレーナーとして“TeamOgawa”を一つにまとめる。
現在は、生産管理、商品企画開発、店舗運営を統括する一方で、コーヒー買付のための生産地訪問や海外でのセミナー講師を務めるなど、活躍の場を世界へ広げている。

宇田吉範が育て、本書に登場する小川珈琲バリスタ4名のラテアート作品

Akihiro Okada 岡田章宏
「ジャパンバリスタチャンピオンシップ '08-'09」 優勝
「ワールドラテアートチャンピオンシップ 2008」 3位
Haruna Murayama 村山春奈
「ジャパンラテアートチャンピオンシップ 2010」優勝
「ワールドラテアートチャンピオンシップ 2010」優勝
Naoko Osawa 大澤直子
「ジャパンラテアートチャンピオンシップ 2011」優勝
「ジャパンラテアートチャンピオンシップ 2012」優勝
Hisako Yoshikawa 吉川寿子
「ジャパンラテアートチャンピオンシップ 2013」優勝
「ワールドラテアートチャンピオンシップ 2013」優勝

→ ラテアート教本「The Handbook of Latte art」をオンラインショップで購入

→ プレスリリース PDFダウンロード

本件に関するお問い合わせ先
小川珈琲(株) 総合開発部 企画開発課
担当 宮武 輝和
mailto: cr_miyatake@oc-ogawa.co.jp