ご家庭で楽しむコーヒーのいれ方ペーパードリップ

現在、ドリップの主流になっているのが、ペーパードリップ。簡便で、比較的安定した抽出ができます。初心者の方におすすめのメリタ式とコーヒーの味をさらに極めたい方におすすめのカリタ式の抽出方法をご紹介します。

メリタ式*2杯分 約300ccの抽出方法

【プリント用はこちら】

ペーパードリップ 手順1 ペーパードリップ 手順2 ペーパードリップ 手順3 ペーパードリップ 手順4

器具(ドリッパー)に密着させるため、ペーパーフィルター(以下、ペーパー)の側部と底部を互い違いに折ってセットします。

目安となる計量スプーンを使って、28g(8gスプーンで3杯半)の粉を入れます。
*小川珈琲おすすめの粉の量です。お好みで増減してください。

粉を入れた後は、ドリッパーを揺らし、粉と粉の間隔を詰め、平らにします。

一度、沸騰させ、沸騰がおさまったお湯(85~95℃)を注ぎます。同心円を描くように粉全体が湿るくらい注ぎ、約30秒蒸らします。
*注ぐ湯の温度、速度の違いで、味が異なります。

ペーパードリップ 手順5 ペーパードリップ 手順6 ペーパードリップ 手順7

その後、粉の真ん中にゆっくり、お湯を注ぎます。
*その時にペーパーに直接、お湯がかからないように注意しましょう。

お湯を2~3回に分けて注ぎ、人数分が抽出し終わったら、ドリッパーにお湯が残っている状態でグラスポットからドリッパーをはずします。
*2杯分で約300cc(メリタ グラスポットで2.5の線まで)

温めておいたカップにコーヒーを注げば、完成です。

カリタ式*2杯分 約300ccの抽出方法

【プリント用はこちら】

ペーパードリップ 手順1 ペーパードリップ 手順2 ペーパードリップ 手順3 ペーパードリップ 手順4

器具(ドリッパー)に密着させるため、ペーパーフィルター(以下、ペーパー)の側部と底部を互い違いに折ってセットします。

目安となる計量スプーンを使って、25g(10gスプーンで2杯半)の粉を入れます。
*小川珈琲おすすめの粉の量です。お好みで増減してください。

粉を入れた後は、ドリッパーを揺らし、粉と粉の間隔を詰め、平らにします。

一度、沸騰させ、沸騰がおさまったお湯(85~95℃)を注ぎます。同心円を描くように粉全体が湿るくらい注ぎ、約30秒蒸らします。
*注ぐ湯の温度、速度の違いで、味が異なります。

ペーパードリップ 手順5 ペーパードリップ 手順6 ペーパードリップ 手順7

その後、‘の’の字を描くように、お湯をまわしながら注ぎます。
*その時にペーパーに直接、お湯がかからないように注意しましょう。

お湯を2~3回に分けて注ぎ、人数分が抽出し終わったら、ドリッパーにお湯が残っている状態でグラスポットからドリッパーをはずします。
*2杯分で約300cc(カリタ グラスポットで2の線まで)

温めておいたカップにコーヒーを注げば、完成です。