ブラジル
セルタオジーニョ Brazil Sertaozinho 寒暖差が大きい山岳地帯で育つコーヒー

セルタオジーニョ農園はブラジルのミナスジェライス州スルデミナスの山岳地帯にあります。
寒暖差が大きく、コーヒー豆は厳しい環境で育ちます。ナチュラルが主流であったブラジルで、1969年から「パルプドナチュラル」を始めた先駆者で、完熟チェリーを手摘みし、乾燥工程は1日15回の攪拌作業を15日間かけて行うなど、おいしいコーヒーづくりに取り組んでいます。
小川珈琲では、黄色の実のイエローブルボン(原種に近いコーヒーの品種)のみを指定した買い付けを行っています。

生豆生産国 ブラジル
生産地域 スルデミナス
標高 1050m
農園主 ホセ・レナートさん