生豆選び

コーヒーづくりは、生豆がいのちです。コーヒーを愛し、コーヒーを味わい尽くした方々に感動していただける一杯は、いい生豆があってこそ、はじめて実現できます。
小川珈琲では、世界のそれぞれのコーヒー産地で、信頼できるすぐれたコーヒー農園で、栽培方法や収穫時期、乾燥方法などについてお互いが納得いくまで追求しあって、私達のコーヒーづくりにかなう生豆を丹精込めて育ててもらいます。

生豆選び

  • Type Sample Test
    世界中の国々の地域・農協・農園から空輸されてきた生豆サンプルを、当社の珈琲鑑定士が味覚テストする事で作柄や品質をチェックして基準に合った生豆を厳選します。

  • Pre-shipment Sample Test
    Type Sample Testに合格した生豆を、再度サンプルを空輸して、原産国から船積みする直前に味覚テスト。実際の貯蔵管理状態をチェックします。

  • Actual Sample Test
    上記のチェックを受けて、船積され、航海してきた生豆が、日本の港に到着した時点で再度味覚テストを実施。品質に大きな変化が無いかをチェックします。そこで合格した生豆だけが、初めて当社の原料として使われることになります。